ひよこに何が起こったか?
 

峠を越した

2月6日(金)
先生に、回診のときに「1週間かかりましたね・・・・・」といわれ、峠を越したことがわかった。
ひでちゃんは炎症が落ち着くまで1週間かかるかもしれないといわれていたそうだ。
手術からちょうど1週間寝たきりだった。
動けない、気持ち悪いって思っていたベッドはエアベッドだった。
床ずれ予防のため。苦しいので空気をぬいてもらう。
またベッドの上で便器いれてもらう。 あぁ・・・いやになる。
起き上がれるのはいつなんだろう。もう体は動きたくてしょうがない。

ダンスの友人の忍ちゃんがお見舞いにきてくれた。
といっても、実は彼女は日赤の助産婦さんなのだ。
手術前にも検査で婦人科にまわされたときに、彼女が担当で迎えてくれた。
私をみて「患者さんってよりこさんだったの!」とびっくりしてた。
私だってびっくりしちゃったよ。
忍ちゃんありがとう。とてもすてきな本をいただいた。
元気になったらこの本の女優さんたちのようにすてきになりたいと思った。

ひでちゃんが自宅に戻って雑用しているときに、激しく咳き込んでしまった。
傷口は痛いし、呼吸は苦しいし、とても辛そうだったんだろう。
「大丈夫?」ってお掃除のおばさんが声かけてくれた。
「がんばろうね、パパさんのためにも元気にならなくちゃ」
って言われて涙がぼろぼろ出てきた。
元気にならないと感情も表に出てこないものなのかな。

私がダンスをできなくなったら、ひでちゃんにはダンスやめてもらうもんってずっと豪語してきたけど、ほんとうに今回のことでひでちゃんからダンス取り上げちゃいけないと思った。
私が元気になって踊らなくっちゃって思った。
そして誰にもひでちゃんは渡したくない。
不思議なことに、泣き虫の私が全然泣いていなかった。
入院後はじめて泣いたことに気がついた。
感情が出ないんだよ・・・。不思議だよ。

英明の掲示板への書き込み***************
 
タイトル:その後の報告 2月6日(金)13:01

みなさま、たくさんのお見舞いメッセージありがとうございます。
ようやく食事もできるようになり(おかゆ)、だいぶ元気になってきました。
まだ、ベッドから起きて歩くことはできませんが、順調に良くなっていることはたしかです。
昨日は「東京オープンに応援にいきたいな」と言ってました。
エントリーしてましたが、もちろん出ることはできないので、観戦にいくことが今の目標です。
*************************************



NEXT