スーパージャパン2日め。

「朝は絶対和食だからね!」
今日は、我らの先生がプロライジングラテンに出るのだ。
先生やMLのみんなが粘れるように納豆ごはんにしなければ!
朝9時から開始だからのんびりしてられないぞ。

今日はダンスビュウのご招待券に応募して当たったからただなのだ。
その上、朝早いから閑散としていて席はよりどりみどり。
さっそく1階の一番前のいい席を確保。これでばっちりだ。
「先生、がんばってーーー!」
アマモダンがライジングのすぐ後に控えていて、これは昼食の時間が
なさそうだな。やばい(^_^;)

それにしても、ビデオ撮りしながら応援って思ってたほど
簡単ではなかったのだ。
「51番!」ってビデオを構えながら叫ぶと画面がぶれる、、、、、。
「え?やだ!ちょっと、どこどこ?わかんないわよードレスの色は?」
探せないよお。あせるばかりだ。あーーいたいた!!
ワルツが終わったらおすまししてカメラ目線でご挨拶。
なんだい、余裕じゃん。(^o^)その調子よー!
え?誰を追って撮っているかって?
それは秘密よーーー。(秘密になってないってか(^_^;)

実はA級選手はのちほど応援することとして、まずはそれ以外の
方たちを(失礼な言い方やのお(^_^;)応援することにしていたのだ。
しかし、前日にお会いした印象が強かったもので、37番と
60番はつい無条件に叫んでしまっていた。あららー。
それゆえに38番のみーこさんを見逃してしまっていた。;_;
みーこさん、ごめんねーー。だって37番でかいんだもの。

やっと調子に乗って撮り出したら、なんと1次アマモダンのクイックの
あたりで、「すいません」といっておじさんとおばさんがビデオの
前を無理矢理通ろうとするではないか!実際通ったのだ!
「ちょ、ちょっとーー!」
信じられん!このビデオが目にはいらんかあ!!
普段だったら、文句たれまくりっ!するんだけど、せっかくの記念の
ビデオに私の怒涛の文句たれがはいったらもったいないやんけ。
ぐぐっと我慢するのだった。くっそーーーー。

目にはいらんか!で思い出したが、さすがスーパージャパンだ、警備の
お兄さんたちのビデオ無断撮りチェックのキビシイ目が光っていた。
隣で撮っていた無断撮りのおねいさんを注意しながら、こちらにも
「お客様、ビデオは、、、」ときた。
「おらー!これが目に入らんか!」とはいわなかったが
印篭よろしくリボンをググッと見せた。
こっちは撮りで忙しいんだから、頼むから声かけないでくれい。

思いがけず(^_^;)いや応援のかいあって、最終予選まで先生が
残ってしまったので、あやちゅにお昼を誘われたが残念ながら断念。
「おれはナマでしっかり見たいんだよ、じゃましないでよ」
ひでちゃんはまったく非協力的なのだった。(^_^;)孤軍奮闘するあたし。
でも、その甲斐あって、我家に宝物ができた。うっふっふ。

新幹線かけて、高いチケット代払ってまで見にくるなんてって
いう人がもしやいるかもしれない。
だけど、東北じゃこんな一流のダンスを生でなんて見られないのだ。
まして、練習場もないのだから、「富士学院」でA級選手のてんこもりを
見られるなんてほんとうにうらやましい限りだ。
後楽園のコンペなど、みんな知らず知らずのうちにちゃんとよいものを
たくさん見て、イメージトレーニングしているのだろうなあ。
なにせ、月曜のレッスンでは先生に「別人のようだ!」と言われたのだ。
へえーー自分では気が付かないがそういうことなのか、、、。
いいものはたくさん見なければいけないのだ。よおし!(以下余韻・・・)

改めて、みなさん、すばらしいダンスの感動と興奮をありがとう。
また、日本インターでお会いしましょう!!