16日の競技会観戦の興奮も冷めやらぬままに月曜のレッスンがきました。
ひでちゃんは
「どうしたらあんなに早くしゃがめるんだ。」
「あの動きはまるで虫のようだ、、、」
と、目の前でのプロのラテンの決勝ダンスが目に焼き付いて離れない様子。

本人も先生も気合い十分に始まったレッスンだったんですが、
ラテンのレッスンで身体を引き上げて〜と先生がひでちゃんの肋骨のあたりを
よいしょと持ち上げたら、、、
「ばきっ!」
鈍い音がしました。^_^;;
「え、、、、うそ」
一瞬みんなどきっとしましたが、その後も上半身をしぼるレッスンをして
身体ばきばきになって帰ってきました。
でも〜やっぱり痛いので今朝病院へ、、、、。

結果は、、
心配してたらさっきメールがはいりました。
「骨には異常なし」な〜んだよ〜!!
ちゃんと筋トレして鍛えようよ〜>オット!

「婦長さんもダンスやっててさ〜盛り上がっちゃたよ〜」
だって、、、。をいっ!。

しかし、後日やっぱり折れていたことが判明・・・・なんとまあ。